NPO法人「ぶどうの会」|狭山市の就労継続支援B型施設

「支える会」はそれぞれのCB(コミュニティー・ビジネス)として独立採算のCB活動をおこない、利益の一部を「ぶどうの会」へ寄付というカタチで支援しています。

ゆうき農園

NPO法人ぶどうの会|ゆうき農園

「タネから食卓まで」をモットーに、食の充実と「ぶどうの会」に通うメンバーにさまざまな仕事体験ができること目的として農業をはじめました。
生産した野菜は、 株式会社ヤオコー入間下藤沢店 での「地場産コーナー」での販売や、日高のサイボクハム、狭山のニックス、狭山台のふれあいファームセンターなどに納品しております。
生産している野菜の品目は、タマネギ、麦、ナス、ピーマン、トマト、モロヘイヤ、オクラ、ジャガイモ、ブロッコリーなど、季節によってさまざまな野菜を生産しております。

責任者:吉野房子

NPO法人ぶどうの会|ゆうき農園イメージ

食工房ハート

NPO法人ぶどうの会|食工房ハート・イメージ

オアシス作業所で働く人を食事の面で支えることを目的に発足。作業所のメンバーおよびスタッフやボランティアの方々の昼食作りをしています。
昼食などに使用する食材は、「タネから食卓まで」をモットーに安全・安心で新鮮な野菜づくりをおこなう努力をしています。
また、身近で収穫された利用しきれない果物等を無駄にしないためにジャム、ペーストを瓶詰めして、製造販売もおこなっております。

1、オアシス作業所で働く人を食事面で支える
2、安心・安全な食材を作る
3、食品加工(ジャム等の加工届出済)
4、食事提供(飲食店営業許可)
5、食品、食事を通して食育、安全性への啓蒙活動等

責任者:前沢幸子

NPO法人ぶどうの会|食工房ハート・イメージ

布工房遊布

NPO法人ぶどうの会|布工房遊布

寄付などで頂いた着物や古着などをリサイクルして、少しでも長く使えるようにリメイクしています。
リメイクした服や小物などは、市内などでおこなわれる各種バザーや狭山市役所にある福祉のお店「アミー」にて出品、販売をしております。
また、毎週水曜日には「ぶどうの会」の施設を利用して洋裁教室をしております。

1、古着や着物のリメイク
2、小物などの制作
2、リメイクした着物の販売
3、希望者への洋裁教室

責任者:柴敦子

布工房遊布

販売事業

販売事業

「ぶどうの会」に来ているボランティアの方や来られた方の紹介で、実際に食べたり使用したりした全国各地の品物を仕入れて販売をしております。
とくに食料品に関しましては、福島県南会津郡にある只見町よりエゴマのドレッシングやトマトジュース、葉っぱ味噌などを厳選して仕入れております。
少しでも多くの方に、「自分たちで美味しいもの」、「生産者が分かる安全な食品」を提供できるようにという思いからはじめました。

このような思いで取り揃えた品々が、狭山市の「ふるさと納税」の返礼品として取り上げられました。

責任者:吉野房子

NPO法人ぶどうの会|販売事業

ボランティア募集

支える会は、多くのボランティアの方々に支えられています。いつでもボランティアをやってみたい方を募集していますので、是非お訪ね下さい。

「ぶどうの会」へのボランティアの参加をおこないたい場合は、「ぶどうの会」へ直接お電話もしくはFAXにてご連絡をくださるか、もしくは当サイトに掲載の申し込みフォームよりご記入、送信をお願いします。(電話・FAX:04-2955-8900)

このページトップに戻る
NPO法人「ぶどうの会」 All Rights Reserved.